調剤薬局事務の講座の選び方

調剤薬局事務資格ナビ | 講座の選び方TOP > 講座の選び方

勉強方法

調剤薬局事務の勉強方法についてですが、これは3パターンあります。

①独学で学習する、②通学講座を受講する、③通信講座にて学習する。
この3つです。

よく別の検定試験でテキストを丸写しで丸暗記する勉強方法を取る人がいますが、調剤薬局事務の勉強方法としては、これはオススメできません。

丸暗記できるほど薄い内容でもありませんし、調剤薬局レセプトの点数を丸暗記をするということは時間を無駄にしてしまうことになります。

調剤薬局事務の試験では、調剤薬局レセプトの点数などは試験の際に参考資料としてみることが出来ますので、暗記するのは全くの無意味で、その他の法規や薬剤に関する知識などを頭に入れるべきです。

3パターンの学習方法で共通して言えるのは、まずはテキストにて基本的な知識や流れを通しで学習する方法が一般的だといえます。
そして問題集に取り掛かることになります。最終的には模擬試験などを行うことにより、試験に慣れるという実践方法になってきます。

難関国家試験になれば別の勉強法も考えなくてはいけませんが、調剤薬局事務の試験であれば、こういった正攻法で十分攻略が可能なはずです。

独学で出来る人もいるでしょうが、できれば通学もしくは通信講座を受けられると良いでしょう。

通学・通信の講座であれば講師がいますので、難題にぶつかったとき、理解度が低いときなど気軽に質問することも出来るのです。

もちろん、実績のある学校でしたら合格のノウハウが確立されていますので、合格率もアップしていきます。

全ての項目において頭に入っていなければいけませんが、実績があるからこそ重要なポイントや改正された調剤報酬の情報も提供してもらえます。
独学では手に入らない情報もありますし、それが試験に出ることになりますので、やはりプロに習うことが一番の近道ではないかと思います。

費用をかけて講座を受ければ合格が保証されるということではありません。
もちろん独学で合格される人も大勢いますので。

しかし、見落としがちですが、通信講座や通学で時間と費用をかけることによって、勉強に対するモチベーションが維持できるという点がとても大きいのです。

実は、資格試験の勉強を始めた方が途中で挫折するケースが極めて多いのです!講座を受けることで、勉強のスケジュールが組み立てられ、疑問点は質問できることで立ち止まることも少なくなります。

この点が、通信講座、通学講座を利用する大きな意義であるといえるのです。

コスト面の都合もありますし、一概に断定はできませんが、効率よく合格したいなら、費用をかけるという選択も十分意味もあることなのです。

簡単にできる! 調剤薬局事務講座の一括資料請求

ユーキャン通信講座の無料資料請求は、簡単に1分で一括資料請求ができる「BrushUP学び」が便利です。

やり方は簡単です。

学び

step1 調剤事務をクリックすると、以下の画面が出てきます。

学び

この中の「通信講座」をクリックして下さい。

step2 以下の画面に移ります。学び2

取り寄せる講座が自動的に表示されます。標準学習期間・費用も一覧で確認できるので便利ですね。
・ソラスト
・ニチイ
・キャリアカレッジジャパン
・ユーキャン
・日本医療事務協会
・ヒューマンアカデミー

最大で上記6つの講座が表示されます。
ここで、資料送付が不要な講座は除外することができます。

次に「チェックしたスクールを資料する」ボタンを押すと以下の画面が出てきますので、お客様情報の項目を入力します。

学び3

これで完了です!お疲れ様でした。本当に簡単にできたと思います。サイトでは1分で登録となっていますが、さすがにそれは無理でしょう!
でも、5分~10分あれば申し込み登録が完了できると思います。

数日後には、資料が届きます。なお、私の経験では、資料送付された後に電話での勧誘等はどこの資格学校からも一切ありませんでした。

こちらから請求できます。
   ↓
調剤事務

よくある質問 Q&A
Q&A①
プロフィール
   自画像
資格アドバイザーのnaoです。
社会保険労務士・宅建などの国家資格取得を通じて、資格試験に効率よく合格する手法を学びました。
これまで400人以上の受験生から相談を受けてきた経験があなたのお役に立てれば幸いです。