調剤薬局事務のテキスト・問題集の選び方

調剤薬局事務資格ナビ | 講座の選び方TOP > 講座の選び方 > テキスト・問題集選び

参考書・テキストを書店で探す

参考書とテキストの選び方ですが、問題集と同様に資格取得の講座を設けている学校で出版しているものを選ぶと良いでしょう。

闇雲にテキストを探しても、実際のところ自分のレベルに合うものはどれなのか迷ってしまいます。
資格取得のノウハウを確立しているところのテキストであれば重要なポイントも抑えていますし、専門用語の解説も分かりやすくなっていますので、安心して学習できます。

大きい書店であれば医療関係書籍の専門スタッフがいますので、実際に販売数の多いもの、もしくは分かりやすいと好評になっているもの、などとリクエストをして選んでもらうことも出来ます。

大きい書店ですと専門書の取り扱いも多く自力で探すのは困難です。

その時点で心が折れてしまわないように、専門スタッフのピックアップした中から選ぶという方法もあります。

書店に出向く前に電話をしておくと、書店内で探し回らなくていいように取り置きしておいてくれます。
その中から選ぶだけの時間もスペースも与えてくれますので、小さな書店で選ぶよりは大きい書店でのテキスト選びをオススメします。

もちろん取り扱っている種類も多いので、選択肢を広げるのには良いでしょう。
取り置きしてもらったから必ず買わなければならないかというと、そのようなことはありませんので、安心して利用して下さい。

他の方法としては、「調剤薬局事務 テキスト」とインターネットで検索してみて順番が先に来ているものがよく閲覧されている書籍の情報になります。それのテキスト名を控えて行き書店で内容を確認することも出来ます。

問題集はスピーディーに、かつ正確に

問題集は項目ごとの設問をクリアしていくものと、総合的な模擬試験や過去問題のついているものを選ぶと良いでしょう。

項目ごとの設問も、もちろん過去に出題されたものから出てはいますが、過去問題や模擬試験を時間を正確に測って行うことにより、試験のときの時間配分や分かるところから解いていこうなどと工夫することが出来ます。

過去の問題から、再度、出題される問題もあるでしょう。

模擬試験も必要ですが、過去問題を重点的に出している問題集であれば、傾向と対策がわかりますので、そういったものを選んでください。
ただし保険制度は年々変わってきますので、その点については、「ここが変わっているので落とし穴にしないように気をつけなくては」というように注意することも出来ると思います。

資格取得の講座を設けている学校で出しているような問題集を利用するのも良いでしょう。

ポイントを心得て作成されているものなので、効率的に学習することが可能になります。
そういった問題集であれば過去問題だけにとらわれずに最新の情報、出題傾向が分かってきますので、合格への近道になります。

実際に受験するときには参考資料を見ながら問題を解くことが出来ますので、問題はスピーディーに、なおかつ正確に解くことが出来るように練習しましょう。

問題文と解答用紙が一緒になっているものであれば、解答用紙部分をコピーしておき、何度も問題に挑戦できるようにするのも一つの手段です。

簡単にできる! 調剤薬局事務講座の一括資料請求

調剤薬局事務通信講座の無料資料請求は、簡単に1分で一括資料請求ができる「BrushUP学び」が便利です。

やり方は簡単です。

step1 調剤事務をクリックすると、以下の画面が出てきます。
この中の「通信講座」をクリックして下さい。

学び

 

step2 以下の画面に移ります。学び2

取り寄せる講座が自動的に表示されます。標準学習期間・費用も一覧で確認できるので便利ですね。
・ソラスト
・ニチイ
・キャリアカレッジジャパン
・ユーキャン
・日本医療事務協会
・ヒューマンアカデミー

最大で上記6つの講座が表示されます。
ここで、資料送付が不要な講座は除外することができます。

次に「チェックしたスクールを資料する」ボタンを押すと以下の画面が出てきますので、お客様情報の項目を入力します。

学び3

これで完了です!お疲れ様でした。本当に簡単にできたと思います。

数日後には、資料が届きます。なお、私の経験では、資料送付された後に電話での勧誘等は一切ありませんでした。

こちらから請求できます。
   ↓
調剤事務

よくある質問 Q&A
Q&A①
プロフィール
   自画像
資格アドバイザーのnaoです。
社会保険労務士・宅建などの国家資格取得を通じて、資格試験に効率よく合格する手法を学びました。
これまで400人以上の受験生から相談を受けてきた経験があなたのお役に立てれば幸いです。