調剤薬局事務の合格率は

調剤薬局事務資格ナビ | 講座の選び方TOP > 試験内容や難易度は > 合格率・難易度はどれくらいか

ここ数年の調剤薬局事務資格の平均合格率は?

調剤薬局事務の合格率ですが、ここ数年の平均でいうなら40~60%程度となっています。
20007年度に関しては56.4%となっており、約半数が合格しています。

試験は実技試験・学科試験共に70%の正解率で合格となります。

数字だけ見ると簡単なようにも感じます。実際のところ他の資格として比較的、合格しやすい資格だと言えますので、このくらいの合格率にはなってきます。
もちろん油断は出来ませんが「狭き門」ではないのです。

とはいえ、試験には資料が持ち込めるのだし、簡単に合格できるではないか、という考えは捨ててください。

実務において求められるスキル・レベルは高いものになっていますので70%さえ正解しておけばいいということではなく、出来れば満点を目指すくらいの気概で試験に臨む気持ちが必要になるでしょう。

資料も電卓も持ち込めるのだから簡単だと言う考えでは不合格の確率が高くなってしまいます。
合格率だけを見て安心することのないようにしてください。

考えようによっては、60%も合格するときもあれば40%しか合格できないときもあるのです。

試験内容は当然毎回、異なりますし、年々、新しく調剤報酬や法規などが設定しなおしされますので、その点について疎かにしないでいただきたいものです。

合格するか否かは本人の努力しだいです。これはどの資格でも同じことは言えますので、一生懸命頑張りましょう。
頑張った分だけ後で喜びも大きいのです。

3ヶ月程度の勉強が必要

調剤薬局事務の試験の難易度についてですが、独学(学習の方法を熟知している方)でも3ヶ月程度最低で取得できる資格になっています。

実技試験・学科試験共に70%以上で合格となりますが、1問でも0点のものがあると全体で70%を超えていても、不合格と言う扱いになりますので、その点については難しいかと思います。

しかし、他の検定試験などと比べて難易度はそれほど高いとはいえないでしょう。

資料を参考にして問題を解くことが出来るという利点もあります。
これは他の資格にはない方法ですので、落ち着いて解くことが出来れば合格率は上がってきます。

調剤報酬の明細作成についても報酬の表も参考に出来ますし、暗算ではなく電卓持込の上で回答していきますので、合格しやすい条件が整っていると言えるかもしれません。

ただし、先ほど書きましたが、0点の問題が1問でもあると不合格になりますので、十分に注意しなければなりません。

合格率については、40~60%程度となっています。他の資格と比較しても取得しやすい資格だと言えます。

2007年度で54.6%の合格率ですので、おおむね半数は合格すると言うことになります。
とはいえ油断はできません。本人の努力しだいでは合格率の中に含まれないことにもなりかねません。
勉強は一生懸命するに越したことはありません。

簡単にできる! 調剤薬局事務講座の一括資料請求

ユーキャン通信講座の無料資料請求は、簡単に1分で一括資料請求ができる「BrushUP学び」が便利です。

やり方は簡単です。

学び

step1 調剤事務をクリックすると、以下の画面が出てきます。

学び

この中の「通信講座」をクリックして下さい。

step2 以下の画面に移ります。学び2

取り寄せる講座が自動的に表示されます。標準学習期間・費用も一覧で確認できるので便利ですね。
・ソラスト
・ニチイ
・キャリアカレッジジャパン
・ユーキャン
・日本医療事務協会
・ヒューマンアカデミー

最大で上記6つの講座が表示されます。
ここで、資料送付が不要な講座は除外することができます。

次に「チェックしたスクールを資料する」ボタンを押すと以下の画面が出てきますので、お客様情報の項目を入力します。

学び3

これで完了です!お疲れ様でした。本当に簡単にできたと思います。サイトでは1分で登録となっていますが、さすがにそれは無理でしょう!
でも、5分~10分あれば申し込み登録が完了できると思います。

数日後には、資料が届きます。なお、私の経験では、資料送付された後に電話での勧誘等はどこの資格学校からも一切ありませんでした。

こちらから請求できます。
   ↓
調剤事務

よくある質問 Q&A
Q&A①
プロフィール
   自画像
資格アドバイザーのnaoです。
社会保険労務士・宅建などの国家資格取得を通じて、資格試験に効率よく合格する手法を学びました。
これまで400人以上の受験生から相談を受けてきた経験があなたのお役に立てれば幸いです。