調剤薬局の仕事は役に立ちますか?

調剤薬局事務資格ナビ | 講座の選び方TOP > よくある質問Q&A > 役に立ちますか?

調剤薬局の仕事は役に立ちますか?

<yahoo知恵袋より引用>

Q:医療事務の資格を持っています。調剤薬局の仕事を見つけたのですが役に立ちますか?

A:もともと医療事務の資格を持ち4年ほど勤務していました。調剤薬局に勤務して3年になりますが、調剤薬局では簡単に言うと、処方箋をパソコンに入力し会計する、というような業務になります。薬剤師さんのアシスタントのようなものです。医科とは違う仕事なので少々戸惑うかもしれません。

<教えて!gooより引用>

Q:調剤報酬請求事務と調剤薬局事務の資格の違いを教えてください。

A:調剤請求事務は毎月のレセプトを薬歴簿やパソコンに入力されているデータと照らし合わせて点検・生理をしてまとめます。患者さんと接するお仕事ではありません。 調剤薬局事務は、病院の事務と同じように受付や計算してお金をもらったり、主に患者さんと接する仕事になります。

<yahoo知恵袋より引用>

Q:調剤薬局事務のパートを探しています。処方箋をパソコンに入力しなければならないようなのですが難しいですか?どの程度の期間で慣れるものなのでしょうか?

A:二次元で処方箋を読み取るタイプのパソコンであれば相当に簡単です。処方箋の読み取りにより新患か再来か、保険証の確認が必要かどうか、薬のないように変更がないか、ということについてパソコンから通知されます。100枚ほど処方箋入力をこなせば慣れると思います。

調剤薬局事務、登録販売士、医療事務との比較

<yahoo知恵袋より引用>

Q:調剤薬局事務、登録販売士、医療事務の3つの中で就職率がよく、給与もいいものはどれですか?

A:受験資格を満たしていれば登録販売士の資格が良いです。受験資格は薬局やドラッグストアにて販売などの実務経験が4年以上あることとなっています。医療事務については、すでに資格取得者が飽和状態なので就職に有利な四角とは言えない状態になっています。

<yahoo知恵袋より引用>

Q:調剤薬局事務の勉強をしていますが、実際のところ就職先はあるのでしょうか?

A:調剤薬きょう事務に関わらず就職は難しい時代です。住んでいる地域にも寄りますが正社員での雇用が全くないわけではありません。年齢(30歳くらいまで)によっては実務経験がなくても採用されるところはあります。それ以降の年齢になると実務経験が最低1年以上ないと難しいようです。経営事情によっては採用の間口は用意されています。

<yahoo知恵袋より引用>

Q:調剤薬局事務には興味があります。10年以上の長い期間にわたって就労できるものなのでしょうか?委細の子供がいて時間的に長時間の拘束は難しい状況があります。派遣やパートから入って正社員になれるものなのでしょうか?

A:派遣であれば子供がいても保育園に迎えに行くのに間に合う時間までしか残業できないと言って登録しています。私は子供がいますが医療事務で働いています。面接には何件も行きましたが、子供がいることは正直に話しました。子供がいるととても厳しいですが面接に行かないと結果は出ません。前向きに探してください。

簡単にできる! 調剤薬局事務講座の一括資料請求

ユーキャン通信講座の無料資料請求は、簡単に1分で一括資料請求ができる「BrushUP学び」が便利です。

やり方は簡単です。

学び

step1 調剤事務をクリックすると、以下の画面が出てきます。

学び

この中の「通信講座」をクリックして下さい。

step2 以下の画面に移ります。学び2

取り寄せる講座が自動的に表示されます。標準学習期間・費用も一覧で確認できるので便利ですね。
・ソラスト
・ニチイ
・キャリアカレッジジャパン
・ユーキャン
・日本医療事務協会
・ヒューマンアカデミー

最大で上記6つの講座が表示されます。
ここで、資料送付が不要な講座は除外することができます。

次に「チェックしたスクールを資料する」ボタンを押すと以下の画面が出てきますので、お客様情報の項目を入力します。

学び3

これで完了です!お疲れ様でした。本当に簡単にできたと思います。サイトでは1分で登録となっていますが、さすがにそれは無理でしょう!
でも、5分~10分あれば申し込み登録が完了できると思います。

数日後には、資料が届きます。なお、私の経験では、資料送付された後に電話での勧誘等はどこの資格学校からも一切ありませんでした。

こちらから請求できます。
   ↓
調剤事務

よくある質問 Q&A
Q&A①
プロフィール
   自画像
資格アドバイザーのnaoです。
社会保険労務士・宅建などの国家資格取得を通じて、資格試験に効率よく合格する手法を学びました。
これまで400人以上の受験生から相談を受けてきた経験があなたのお役に立てれば幸いです。