調剤薬局事務の仕事内容

調剤薬局事務資格ナビ | 講座の選び方TOP > 調剤薬局事務とは> 仕事内容

調剤薬局事務の仕事内容は?

調剤薬局事務の仕事内容としましては、処方箋とお薬手帳の受付、新規患者さんの情報登録、毎月の保険証の確認、受け付けた処方箋の薬剤師への取次ぎ、薬の点数・価格の計算をして会計をスムーズに行えるようにする補助、薬の内容(効果や副作用の案内)の説明書きの作成・印刷などがあります。

そのほかには患者さんの応対があります。

薬局の顔とも言える受付の仕事になりますので、丁寧な応対が必要とされます。
薬局にはよくお茶などのサーバーがありますので、待ち時間の長い場合は、待っている患者さんへのお茶だしなども仕事になってきます。

対応が悪ければ患者さんは他の薬局に移ってしまいます。

調剤薬局事務の仕事内容は、医療関係とはいえサービス業と同じことが言えますので、心配りが大事になってきます。

また患者さんは具合が悪くて病院に行き薬の処方を受けに来るため、調剤薬局事務は、具合の悪そうな患者さんへの目配りも必要です。

最近では病院で処方箋を受け取りFAXで薬局に送信してくることも増えてきます。その際に、薬の用意が出来ているかの問い合わせなどもあります。

その他には調剤薬局でも一般の市販薬の販売が行われているところもありますので、その会計もします。

市販薬に対する説明や飲み合わせの相談については薬剤師に取次ぎを行います。
病院の会計を待つ間に薬局に処方箋を出しに来て、また病院に行き会計を済ませてから薬局に来るという患者さんもいますので、戻ってきたときにスムーズに案内が出来るようにもします。

何ができるのか

調剤薬局事務は単に処方箋を受け取り薬剤報酬の計算や会計、薬剤師への引渡しのみではありません。
薬の知識をある程度、持っていれば処方箋に間違いがあったときに薬剤師に報告することも出来ますし、ミスを見逃すこともないでしょう。

例えば子供に対する薬の処方量が大人と同じになっていた場合など、間違えて投薬することにより重大な事態が引き起こされます。
薬に対する知識が蓄積されていれば、そういった事態は未然に防ぐことが出来るのです。

また患者さんに対する薬の処方のデータを取っておくことにより、薬剤師がそれを参照し、既往病、薬の飲み合わせなどのチェックも出来るようになります。

お薬手帳が一般的にはなっていますが、全ての人が持ち歩いているわけではありませんので、調剤薬局にて調剤薬局事務がデータベースを作成し、前回と薬が異なるとか、同じ薬でも量が変わっているなど、薬剤師に情報を提供することが出来ます。
それを基にして薬剤師は患者さんに確認を行うことが出来ますので、安心・安全につながっていきます。
医師の出す処方箋がベースになりますけれど、万が一、間違っていた場合、そのままにせずに確認し薬剤師に引渡しを行えるのは調剤薬局事務にしか出来ないことでしょう。

その他に調剤薬局事務ができることは<調剤薬局事務の仕事とは>に記載した内容のものがありますので参照してください。
薬剤師のような仕事は出来ませんが、薬剤師に出来なくて、調剤薬局事務が薬剤師をサポートできることはたくさんあるのです。

調剤薬局事務の勤務体制を理解しよう!

調剤薬局の勤務体制については、基本的には週休2日となっているところが多いのですが、病院の休みなどにも連動してきますので、休日は調剤薬局により異なるでしょう。

一般的に週休2日の会社が増えてから、土曜日に診察に訪れたいと言う需要もあります。
したがって病院が診察を行えば薬の処方をしなくてはいけませんので、調剤薬局事務も土曜日の出勤があります。

特に、月末月初のレセプト作業があるので忙しく、それ以外の日についてはシフトにより週休2日を確保することは可能です。

個人病院などで夜遅くまで診察を行っている場合は、付随して調剤薬局の営業時間も遅くまでになりますので、シフトを組んで対応にあたることになります。
土曜日だけでなく夜間に病院に来る会社員の人もいますので、調剤薬局も17時になれば営業終了、と言うわけには行かないのです。

とはいえ調剤薬局事務にも、個々の事情がありますので、主婦の方で不要の範囲内で仕事をしたい場合もあるでしょうし、フルタイムで夜間でも勤務できると言う場合もあります。

その点については考慮され、無理のないようにシフトで勤務できますので、就職前の面接時に相談してみると良いでしょう。

お子さんのいらっしゃる方は、時間になったら保育園に迎えに行くなどの都合もあります。
面接時に承諾を得られたほうが安心して勤務することができますので、事前に申し出を行いましょう。

総合病院などでは週休2日ではなく4週に6日の休みの体制を取っているところが多くなっているようです。

簡単にできる! 調剤薬局事務講座の一括資料請求

ユーキャン通信講座の無料資料請求は、簡単に1分で一括資料請求ができる「BrushUP学び」が便利です。

やり方は簡単です。

学び

step1 調剤事務をクリックすると、以下の画面が出てきます。

学び

この中の「通信講座」をクリックして下さい。

step2 以下の画面に移ります。学び2

取り寄せる講座が自動的に表示されます。標準学習期間・費用も一覧で確認できるので便利ですね。
・ソラスト
・ニチイ
・キャリアカレッジジャパン
・ユーキャン
・日本医療事務協会
・ヒューマンアカデミー

最大で上記6つの講座が表示されます。
ここで、資料送付が不要な講座は除外することができます。

次に「チェックしたスクールを資料する」ボタンを押すと以下の画面が出てきますので、お客様情報の項目を入力します。

学び3

これで完了です!お疲れ様でした。本当に簡単にできたと思います。サイトでは1分で登録となっていますが、さすがにそれは無理でしょう!
でも、5分~10分あれば申し込み登録が完了できると思います。

数日後には、資料が届きます。なお、私の経験では、資料送付された後に電話での勧誘等はどこの資格学校からも一切ありませんでした。

こちらから請求できます。
   ↓
調剤事務

よくある質問 Q&A
Q&A①
プロフィール
   自画像
資格アドバイザーのnaoです。
社会保険労務士・宅建などの国家資格取得を通じて、資格試験に効率よく合格する手法を学びました。
これまで400人以上の受験生から相談を受けてきた経験があなたのお役に立てれば幸いです。